開講8年目、68組136名の方がご結婚。女性1,701名/男性1,662名(2017年7月現在)が登録。 「学べ」 て 「出会える」 カルチャースクールです。テニスや登山や映画など、趣味友達もたくさん見つかります♪入会金、年会費無料

コミュニケーション術 〜恋愛結婚の勘違い編〜 Page3

3.不一致は自分のいいわけ


性格の不一致という言葉を恋愛、結婚を通してよく聞きます。
私はこの言葉に非常に疑問を持っています。
そもそも、「性格が一致する」ということ事態がおかしいのではないかと思っているからです。

恋愛でも結婚でも「性格の不一致」が前提で、その間をいかに埋めていけるかということが当然のプロセス
なのです。
相手との違いを埋めるために話し合いをしたり、慣れないことに挑戦したりと努力をするのです。
この努力は「自分だけががんばっている」というものではなく、今の相手に出会ったことで「変わるチャンス」をもらったという自分へのご褒美です。
こう考えていれば「性格の不一致」は簡単に乗り越えていけるのです。

何か問題が起こったときに、話し合いなどから逃げようとする最大のいいわけが「性格の不一致」なのです。
これですべての問題から逃げることができてしまいます。
自分の努力が足りないことも「性格の不一致だからいくら努力しても変わらない」といういいわけが
成立してしまいます。
こう考え始めると、どんな恋愛でも結婚でもうまくいきません。

すてきなカップルというのは、お互いの性格がどうだとかという考え方はしていません。
今の相手がより輝くために自分にできることはないだろうかと考え続けているのです。
 
性格が不一致だから、一緒に成長できるね。